So-net無料ブログ作成
検索選択

カンボジア事情 [旅行]

最初にバスの写真を見てください。

100326_013.jpg

バスの近くに5~6人の子供がいるのに気づきますよね。この子たちは観光客狙いの物乞いです。
物乞いで得たお金を元締めのところに持っていき、自分たちの取り分をもらいます。
何らかの事情で親はいないのかもしれません。元締め=親なのかもしれません。
彼らは物乞いをしてなんとか食いつなぐ生活を送っているのです。
「かわいそう」というだけで、お金をあげてしまっては何も変わりません。
子供たちはそのうち売られてしまうのかもしれません。

このような子供たちを保護して、きちんと教育をしないとプノンペンからこのような風景は消えないのです。

土曜日の記事にしてはちょっと重かったでしょうか。

おまけ:朝の町の風景

100327_014.jpg

いろいろな向きで車が止まっていて、カオスを感じます。

撮影:PowerShot S90


アンコールワットとアンコールトム [旅行]

本日はアンコールワットとアンコールトムの写真をアップします。

いよいよ3月も終わりですね。明日からは新年度です。

疲れが十分に取れないままの新年度にならないように注意したいです。

100329_001.jpg
アンコールワットの夜明けです。

100329_002.jpg
曇っていましたが、日の出は見られました。

100329_003.jpg
アンコールトムも凄い遺跡です。

100329_004.jpg
大きな顔があちこちに。

100329_005.jpg
この遺跡を保存するのはたいへんでしょう。崩れ落ちぬうちに見学をしておいた方がよいと思います。


カンボジアでの26日の活動 [旅行]

本日はポルポト政権の傷跡を見学してきました。キリングフィールドとトゥールスレイン博物館です。

トゥールスレイン博物館は人々を幽閉し、拷問を行った場所です。元は学校であった場所です。拷問を受け、自白をした人々はキリングフィールドへ送られ、処刑されました。処刑場は国内にいくつもあったようですが、その中でも最も規模が大きいのがキリングフィールドです。

独裁者は到底信じられないことをします。かつての大日本帝国もそうでした。非常に悲しいです。人間とは同じ過ちを犯すものなのでしょうか。約30年前の状態からカンボジアは必死に立ち直ろうとしています。自国のことはその国の国民たちが頑張らないとどうにもなりません。いくら他国が援助しても立ち直ることはありません。カンボジアの皆さん、頑張ってください。応援しています。

IMG_1174.JPG
キリングフィールドの慰霊塔には遺骨が納められています。慰霊塔の周りの穴は遺骨が見つかった場所です。

IMG_1188.JPG
トゥールスレイン博物館

IMG_1192.JPG
拷問を行った部屋。

撮影:PowerShot S90


カンボジア到着 [旅行]

8か月ぶりのカンボジアです。今回は30人ほどの集団ボランティアです。

明日は、プノンペン市内の観光をします。観光といってもなかなか厳しい観光でしょう。

天候も蒸し暑く、訪れる場所も多くの人が命を落とした場所です。

今回のホテルからのインターネット接続ですが、やや苦労しました。

何度も接続を試みて、やっとユーザーネームとパスワードを入力する画面が現れました。

さすがカンボジアです。すでに12時を越えていますので寝なければなりませんが、

接続できてしまったので、記事を書いてしまいます。

部屋は写真のようにとても広く、まあまあ快適ですが、イモリの歓迎を受けました。

何気なくいるんですよね。「家を守る」ところからイモリと呼ばれているので、縁起がよいものなのでしょう。一緒に寝ます。

回線が細いので、Niceへのお返事はできるだけします。ごめんなさい。

IMG_1110.JPG
古いですが、広い部屋です。

IMG_1109.JPG
やはりいましたヤモリが。。。何もないということはないのです。。。

撮影:PowerShot S90


恒例のドームホテル泊 [旅行]

今年初めて、東京ドームホテルに来ました。不景気ですが、人出は多く、にぎやかです。
イルミネーションもとてもきれいです。女房と一緒だったので、ゆっくりと撮影はできませんでしたが、何枚かは撮りました。実はウルトラマンもライトアップされていましたが、撮りはぐりました。明日の朝撮れればなあと思っています。

IMG_0474.JPG

IMG_0471.JPG

ラクーアでゆっくりお湯につかり、固まった体をほぐしました。それからホテルの43階のアーティストカフェで2時間かけてゆっくりとディナーを楽しみました。食べ物の写真はまたアップします。

撮影:PowerShot S90

発展するタイ [旅行]

今日はタイの電車(BTS)と駅周辺の朝の様子をご紹介します。

DSCF4144.jpg
これがBTSのトンロー駅です。

DSCF4147.jpg
この上に線路があり、電車が走ります。高架線ですね。

駅の出口周辺にはいろいろな露店が出ています。
カンボジアと違って、食べてもおなかはこわれません。

DSCF4145.jpg
果物屋さん、惣菜屋さん、飲み物を売る露店

DSCF4143.jpg
通勤途中の人々が朝食を買っています。

DSCF4146.jpg
この人は何を売っているのか分かりませんが、みんな買っていっていました。

撮影FinePix F200EXR


今日は二つ記事を書くつもりです。 [旅行]

まずはタイはアユタヤ遺跡をご紹介しましょう。
もう二カ所、紹介したい場所があります。

ヤー・チャイ・モングコン寺院、マハー・タート寺院です。
寺院はカンボジアと同じで「ワット」と言います。

まずは、ワット・ヤー・チャイ・モングコンです。
釣り鐘型の仏塔が建っています。
涅槃釈迦像があります。そして多くの仏像が置かれています。
DSCF4084.jpg

DSCF4063.jpg

DSCF4086.jpg

次はワット・マハー・タートです。下の写真のように首の盗られた仏像があります。ビルマ(現在のミャンマー)との戦いに敗れて、宝が入っていると言われた仏像の首が盗まれたのです。
DSCF4097.jpg

DSCF4099.jpg

DSCF4102.jpg
木の根が仏像の首に絡まっています。よく見ると仏像の顔にいたずらがされています。
こんないたずらを見ると悲しくなりますね。

今回の旅では、アジア文化の根源に触れたような気になりました。


食文化も学びました。 [旅行]

タイでは、シンガポールと同様に食文化についても学びました。[わーい(嬉しい顔)]
一日目は晩飯はMKというタイスキチェーン店でタイスキを食べました。
このチェーン店は日本にもありました。お弁当のプレナスと組んで経営されています。
http://www.mkrestaurants.co.jp/

味はまあまあです。でもパクチー入りのつけだれが私としては厳しいです。

二日目は焼き肉を食べてしまいました。韓国料理です。
しかし、これも日本風にアレンジされたもので、日本食と言ってもよいでしょう。

三日目のお昼はラーメンにしました。豚骨ラーメンです。シンガポールでもタイでも、寝ても覚めても豚骨ラーメンが好きなんです。東京では人気のお店、「東京ばんからラーメン」のバンコク支店です。シンガポールだけでなく、タイにも豚骨ラーメンは進出していたんですね。三人で食べたものをご紹介します。

DSCF4151.jpg
まずは角煮とんこつです。半熟卵とコーンをトッピングしてます。こってりです。

DSCF4149.jpg
これは醤油とんこつです。あっさり系です。

DSCF4150.jpg
最後は辛ネギラーメンです。

私は角煮とんこつを食べましたが、本物のとんこつでした。
角煮はとろとろで大きいので、角煮が好きな人にはたまらないでしょうね。
普通のとんこつはこってりとしているので、好き嫌いが分かれるでしょうね。

結局、私は現地の料理を楽しんでいないですね。日本食ばっかり。


ただいまです。 [旅行]

今回は思いがけなく、アユタヤに連れて行ってもらいました。
カンボジアのプノンペン市内、アンコールワットなどでお寺や仏像はたくさん見ていますが、お寺の様式やお寺を守る神がガルーダ(神鳥)で同じであることを発見し、感動しました。やはり、タイとカンボジアは同じ文化を共有しています。

写真はワット・ラーチャブラナというお寺です。1424年に建立されました。曇りでしたのでやや画像が暗いのは勘弁してください。

DSCF4110.jpg

ズームで寄ると
DSCF4109.jpg

塔の4隅にガルーダがいます。
DSCF4121.jpg

塔には階段で登ることはできます。塔の上からはこんな景色が見えます。

DSCF4116.jpg

人の文化とは不思議なものです。
ちなみにアユタヤ遺跡は世界遺産です。

EOS 7Dの残像現象対策ファームウェアがアップされたそうです。
早速、新しいファームウェアにしてみましょう。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091105_326430.html


忘れていました。 [旅行]

そう言えば、プノンペン市内の国立博物館を紹介するのを忘れていました。
この赤い建物にとても惹かれました。
この建物の中にはアンコール時代の仏像が数多く展示されていました。

R0011809.jpg

撮影:R8