So-net無料ブログ作成

久しぶりにカメラの話題 [デジタルカメラ]

母の日の贈り物のカーネーションを二つのカメラで撮ってみました。

PowerShot G9 X
オート
1/30 sec, f/2
Mode: Auto
Metering: Evaluative
ISO: 640
AF mode: Continuous AF
IMG_3888.jpg

Pモード
1/15 sec, f/2
Mode: Program
Metering: Evaluative
ISO: 320
AF mode: Continuous AF
IMG_3889.jpg

キヤノンの考え方は『オートではISO感度を上げる。AFはコンティニュアスを使う。』です。
手ぶれやピンボケのない写真が簡単に撮れます。しかもタッチパネルなのでAFポイントを
好きなところに動かせます。オートホワイトバランスの補正は強いですね。

DSC-RX100M5
オート
1/25 sec, f/1.8
Mode: Program
Metering: Multi-segment
ISO: 800
RX501952.jpg

Pモード
1/30 sec, f/1.8
Mode: Program
Metering: Multi-segment
ISO: 1000
RX501956.jpg

ソニーの考え方は『臨機応変。オートでは必ず連写を利用してダイナミックレンジを稼ぎ、また
低ノイズに調整する。』です。オートホワイトバランスはその場の雰囲気(暖色系)を残しています。
RX100M5のほうがPowerShot G9 Xより実際の場面に近いです。
AFの合焦速度は速いですが、どこに合焦させるかはオートでは選べません。(カメラが勝手に
どこかにフォーカスします。)タッチパネルだと簡単にできるのですが。。。
オート主体で撮る方々はその辺りが使いにくいと感じるでしょう。