So-net無料ブログ作成

X-Pro2のファームウェアアップデート [デジタルカメラ]

久しぶりに自宅に帰ることができましたので、X-Pro2のファームウェアアップデートをしました。

(先ほど、ほんの少し記事が表示されていました。私のミスでございます。(^^;))

えらいたくさん追加項目があります。

1.ブラケットおよびAdv.フィルター撮影でのRAW画像の記録
 AEブラケットに加えて、ISO、ダイナミックレンジ、ホワイトバランス、フィルムシミュレー
 ションの各種ブラケットおよびAdv.フィルターの撮影において、RAW画像を記録できるように
 なります。
2.拡張感度にISO125、ISO160を追加
 低感度の拡張感度でISO125、ISO160を選択できるようになります。
3.長秒側のシャッタースピードを15分まで拡張
 タイム撮影(T)時の長秒側のシャッタースピードは、従来30秒でしたが、最長15分までに大幅に
 拡張されます。
4.感度AUTO設定の低速シャッター限界に「AUTO」を追加
 感度AUTO設定の低速シャッター限界を「AUTO」に設定すると、レンズの焦点距離に応じて
 カメラが自動で低速シャッターの限界を設定するようになります。
5.顏検出AFの高速化
 像面位相差AFを活用することにより、顏検出AFがより高速になります。
6.AF-Cモードでの合焦表示の改善
 AF-Cモードにおいて、合焦表示のハンチング動作を抑制し、より被写体を追い易くなります。
7.AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加
 AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加。全6サイズから選択可能となり、
 最少サイズではピンポイントなフォーカシングが可能になります。
8.「AFポイント表示」の追加
 AFモードの「ゾーン」または「ワイド/トラッキング」において、AFポイントの常時表示が可能
 となり、より被写体を追い易くなります。
 [設定方法]
 フォーカス設定メニュー>AFポイント表示
9.「AF-Cカスタム設定」の追加
 AF-C設定時にピントの追従性を設定できる「AF-Cカスタム設定」では、被写体の動きに合わせた
 設定を5つのプリセットから選択できます。
 [設定方法]
 フォーカス設定メニュー>AF-Cカスタム設定
10.ピント位置拡大中の位置変更
 マニュアルフォーカス、およびAF-Sの「シングルポイント」でのピント位置拡大中に位置変更が
 可能になります。
11.VIEW MODEに「アイセンサー+LCD撮影画像表示」を追加
 VIEW MODEを「アイセンサー+LCD撮影画像表示」に設定することで、撮影はビューファイン
 ダー、撮影した画像の確認はLCDで行うという一眼レフのようなテンポでの撮影が可能になり
 ます。
12.EVFの表示タイムラグ短縮
 AF-C中のEVFの表示タイムラグを短縮することにより、よりシャッターチャンスに強くなります。
13.カスタム1~7の名前設定
 カスタム1~7に名前を設定できるようになります。
 [設定方法]
 画質設定メニュー>カスタム登録/編集>カスタム1~7>カスタム名編集
14.Exif用著作権情報
 あらかじめ「作成者名」と「著作権者名」を登録することができ、自動的に撮影画像のExifにコピー
 ライト情報を付与できるようになります。
 [設定方法]
 セットアップメニュー>保存設定>著作権情報
15.ボイスメモ機能
 画像再生時に最長30秒の「ボイスメモ」を録音可能になります。
 [設定方法]
 再生メニュー>ボイスメモ設定>ON
※再生画像を表示しているときにフロントコマンドダイヤルを長押しで録音開始。
 離すと録音停止します。
16.AEブラケットの機能拡張
 従来の最大±2段、3枚から最大±3段、9枚までのAEブラケット撮影が可能になります。
17.「カードなしレリーズ」設定の追加
 「カードなしレリーズ」設定をOFFに設定することで、SDカードの入れ忘れを防げます。
 [設定方法]
 セットアップメニュー>操作ボタン・ダイヤル設定>カードなしレリーズ

たくさんありますが、使ってみるとなるほどと思う変更です。
特に赤字はよい変更です。AF関連のアップデートはうれしいですね。

話題は変わりますが、スタッドレスから夏タイヤに履き替えました。
走りやすくなりました。次の冬は新しいスタッドレスを購入します。
IMG_0233.jpg
タグ:FUJIFILM X-Pro2