So-net無料ブログ作成
検索選択

FUJIFILM X-Pro2レビューのまとめ(2) [デジタルカメラ]

ゴールデンウィークが明ければ、機材を返す時期になりますので、そろそろ最終的なまとめを行います。
それではまとめの(1)の部分も含めて総括します。

大きさ・筐体:
X-T1より少し横幅が長いが、X-T1より高さはない。しかし、大きな光学ファインダーのおかげで大きく見える。
私はそれほど手が大きくはないが、持ってみるとしっくりくる。大きすぎない。筐体はしっかりとしている。
X-T10との比較では、X-T10より厚みがあり、一回り大きい。
DSC01038.jpg

ファインダー:
光学ファインダーと液晶ビューファインダーがレバー一つで切り替えられる。液晶ビューファインダーの方がフレーミングが正しく出来る。が、光学ファインダーを覗きたいこともあるという少しワガママな欲求を満たすファインダー。ERF(エレクトリックレンジファインダー)が追加された。ERFとは光学ファインダーの右下に合焦が確認できるEVF像を表示するファインダーである。(下の写真参照)
IMG_2152.jpg

シャッターフィーリング:
適度に軽い。X-T1やX-T10より(私は)よいと思う。

ボタン操作性:
たいていのボタンは盛り上がっているので、押しやすい。ただ、QボタンとAF-Lだけは出っ張っておらず、押しにくい。(写真右)特に便利なのはDRIVEボタンとメニューボタンの周りのセレクターファンクションボタン。(写真左)
DSC01020.jpgDSC01022.jpg
DRIVEボタンを押せば、アドバンストフィルターさえ使用できる。
よく使うボタンが液晶モニターの右に集まっているので、操作性がよい。(下の画像参照)
そしてフォーカスレバー:
これは使いやすい。瞬時に斜めの動きを入力できる。(下の画像参照)
ただし、カメラを首からかけて歩いていると、腹部に当たって、フォーカスレバーが動くこともある。(お腹が出ているからか。。。)撮影時にフォーカスポイントの位置を確認する必要がある。
DSC01042_1.jpg

X-T10の背面写真(下の画像)と比較してほしい。X-T系は左側に画像再生ボタンと削除ボタンがある。さらにその上にはダイヤルもある。左手も使わなければならない。
DSC01051_2.jpg

露出補正:
大きな単独ダイヤルで変更可能(プラスマイナス3段分)。非常にやりやすい。(下の画像参照)
より広く露出補正をしたい場合は単独ダイヤルをCに合わせて前面のフロントダイヤルで操作する。
プラスマイナス5段階分の補正ができる。(さらにその下の画像参照)
DSC01050_2.jpg
DSC01048_2.jpg

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-04(この記事はボタン関連について詳しく述べている。)

フィルムシミュレーションACROS(アクロス):
ハイライト部分から粒状感を排除したり、本物のモノクロ写真に近い画質を目指すフィルムシミュレーション。
味があるフィルムシミュレーションでとことん使いたくなる。以下の画像がACROSである。
XPRO4521.jpg

画質:
色が自然で素晴らしい。高感度でもISO3200までならいけると思う。正直、ISO12800でも縮小すればいけそうな感覚はある。やはり富士フイルムのカメラは高感度に強い。

高感度ノイズの記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-03

AF:静止画のAFは速さと精度、両面において満足できる。しかし動体AF(コンティニュアスAF)は7D MkIIなどの一眼レフと比較すると劣る。早く追いついてもらいたい。

AF-Cについての記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-05-02

メカニカルシャッタースピード1/8000:
やはり明るいレンズのボケを楽しむには高速シャッタースピードが必要。
作例:ここでは絞りがF2.8で、シャッタースピードが1/6400
XPRO4562.jpg

グレイン・エフェクト:
画像全般に粒状感を与え、フィルム写真のテイストに近づける。ACROSと併せてフィルムに対する富士フイルムの強いこだわりを感じる。ACROSはモノクロフィルムをシミュレートし、粒状感も画像に加えるので、グレイン・エフェクトとの併用は避けた方がよい。グレイン・エフェクトは、OFF、弱、強と効果の程度を変えられる。

グレイン・エフェクトの記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11

バッテリーの持ち:
300枚以上撮る場合にはスペアバッテリーが必要。バッテリーの減りは速い。

ほぼ液晶モニターの右側に主なボタンとダイヤルが配置されており、手にした瞬間に使い易いと感じた。
ファインダーから目を離すことなく、操作できるからだ。これはよく考えられている。
ダイヤルによる操作にこだわりすぎない点が素晴らしい。
Xシリーズのフラッグシップとして君臨するにふさわしい機種である。
もし他社のデジカメの画質やユーザビリティに疑問を感じているのであれば、是非手にとってもらいたい。
17901-2427-296503
17901-2427-296503

ご評価よろしくお願いいたします。m(_ _)m


5月3日19:55更新
タグ:FUJIFILM X-Pro2
nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 35

コメント 2

kazutoku

ぷっぷくさま
Niceをありがとうございます。

bitさま
Niceをありがとうございます。

aruさま
Niceをありがとうございます。

私が三人目さま
Niceをありがとうございます。

北大地 渓志郎さま
Niceをありがとうございます。

茶苑呑さま
Niceをありがとうございます。

デルフィーさま
Niceをありがとうございます。

tochiさま
Niceをありがとうございます。

momoさま
Niceをありがとうございます。

やってみよう♪さま
Niceをありがとうございます。

馬爺さま
Niceをありがとうございます。

ab7さま
Niceをありがとうございます。

doudesyoさま
Niceをありがとうございます。

kazutoさま
Niceをありがとうございます。

poohさま
Niceをありがとうございます。

wataさま
Niceをありがとうございます。

とまとさま
Niceをありがとうございます。

DANKAI-Genさま
たくさんのNiceをありがとうございます。

濱の寅次郎さま
Niceをありがとうございます。

まー坊さま
Niceをありがとうございます。

HIDEand爺さま
Niceをありがとうございます。

お茶屋さま
Niceをありがとうございます。

kazushiさま
Niceをありがとうございます。

kuwachanさま
Niceをありがとうございます。

ffmlさま
Niceをありがとうございます。

ソニックマイヅルさま
Niceをありがとうございます。

katakiyoさま
Niceをありがとうございます。
by kazutoku (2016-05-03 20:14) 

kazutoku

ひろしさま
Niceをありがとうございます。

JBOYさま
Niceをありがとうございます。

comomonさま
Niceをありがとうございます。

ブラザー★ボブさま
Niceをありがとうございます。
by kazutoku (2016-05-03 23:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。