So-net無料ブログ作成
検索選択

前の10件 | -

銀座の三笠会館7階大和(鉄板焼きレストラン) [デジタルカメラ]

けっこう早い忘年会でした。

この年になるとなかなか私より年上の方と同席することはないので、緊張しました。

少々トラブルがあり、遅刻もしてしまい、あたふたしましたが、最後は和やかに散会となりました。

朝の風景です。遠くにスカイツリーが見えます。
連写をした中の一枚です。立て看板にうまく朝日が隠れて、スカイツリーが分かると思います。
(24コマ/秒の威力ですね。)
RX501117.jpg

場面は変わって三笠会館です。http://www.mikasakaikan.co.jp/restaurant/japanese/yamato/index

まず、白身魚とホタテ
RX501158.jpg

パンです。おいしかったです。
RX501162.jpg

目の前で焼いていただけます。
RX501165.jpg

和牛でございます。
RX501171.jpg
RX501177.jpg

楽しい語らいのひととき

RX501180.jpg


最後の写真が小さいのはお顔がはっきりと分からないようにしたためです。

おまかせモードで撮りましたが、絞りとフォーカスポイントに課題が残りました。
少し気をつけてお料理は撮らないといけませんが、ノイズ感は全くありません。

LUMIX DMC-TX1ではオート任せでけっこううまく撮れていたと思います。
タグ:DSC-RX100M5

今年も師走に入りました。 [デジタルカメラ]

月日が経つのは速いもので今年ももう12月です。

12月になったとたんにもっと忙しくなりました。

昨日、勤務後に駐車場に向かうと車が以下のような状態になっていました。

寒いんですね。早く暖かくなりませんかね。

RX501090.jpg

忙しくてDSC-RX100M5はカバンの中にしまったままです。

今日は忘年会なので、何か撮りたいですね。
タグ:DSC-RX100M5

不具合でまくりですね。 [デジタルカメラ]

私の風邪ですが、私が忙しすぎてどっかへ行きました。

しかし、キヤノンは大丈夫でしょうか。

キヤノン「EF-S18-135mm USM」「EF70-300mm II」で光学補正が効かない現象に対応
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1032502.html

タムロン「18-200mm Di III VC」がEOS M5で動作せず
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1032494.html

こんなに不具合が多いのではEF24-105mm F4L IS II USMの不具合解消には時間がかかりそうですね。

とても残念です。。。

FUJIFILM X-Pro2にはあまりというか全く不具合はありません。
やっぱりFUJIFILMに一本化しようかなあ。。。
X-Pro2とXF50-140mmF2.8 R LM OIS WR(+テレコン1.4x)で撮影した写真です。

ハクセキレイです。
XPRO7668_2.jpg
トリミング
XPRO7668.jpg
マガモです。水面の反射が綺麗です。
XPRO7714.jpg

EOS 5D Mark IVのファームウェアのアップデート [デジタルカメラ]

しかし私の望むアップデートではありませんでした。

以下、HPからの引用です。

このファームウエアの変更(Version 1.0.3)は、以下の修正と改善を盛り込んでいます。

1)ストロボ撮影時に測光モードにより色味が異なる現象を修正しました。
2)エクステンダー EF1.4X III または EF2X III を使用した際の通信の信頼性を向上しました。
3)グリップ下位置での水準器の表示を修正しました。
4)EOS Utility 3 のUSB接続による “レンズ光学補正データの登録” の通信の信頼性を向上しました。

私の使い方で関係があるのは2)ぐらいではないでしょうか。
エクステンダー1.4xを使って下のような写真を撮るからです。

5D4_0830.jpg

5D4_0654.jpg

レンズとカメラに関するファームウェアのアップデートが来ませんね。
やはり工場送りですかね。

DSC-RX100M5のレポート第七弾(比較表作成しました。) [デジタルカメラ]

ライバル機種との比較表を作成してみました。
RX100M5は高級コンデジクラスをリードするスペックです。
レンズスペックも優秀で、AFと連写は無敵です。正直、24コマ/秒は凄すぎます。
実際は7~10コマ/秒で十分ではないでしょうか。


1型イメージセンサー搭載コンパクトデジカメ基本スペック

RX100M5  TX1  G7 X II   G9 X
 画素数 2010万画素 2010画素  2010万画素 2020万画素
 開放F値 F1.8(W)-F2.8(T)  F2.8(W)-F5.9(T)  F1.8(W)-F2.8(T) F2.0(W)-F4.9(T)
 光学ズーム 2.9倍(24-70mm) 10倍(25-250mm) 4.2倍(24-100mm)  3倍(28-84mm) 
 大きさ(幅/高さ/奥行き) 101.6×58.1×41.0mm 110.5×64.5×44.3mm  105.5×60.9×42.2mm 98.0×57.9×30.8mm
 総質量 299g 約310g  約319g  約209g
 撮影可能枚数 約220枚 約300枚  約265枚  約220枚

AF・連写スペック

  RX100M5 TX1  G7 X II G9 X
AF速度ソクド 0.05 0.07 0.12 0.14
AFポイント 315テン 49テン 31点 31テン
AF方式ホウシキ コントラスト+像面ゾウメン位相差イソウサ コントラスト コントラスト コントラスト
AF追従ツイジュウ連写レンシャ 24コマ/ビョウ 6コマ/ビョウ 5.9コマ/秒 4.3コマ/秒
追従ツイジュウなし連写レンシャ 10コマ/ビョウ 8コマ/秒 6コマ/ビョウ
4K PHOTO 4K動画からの切り出しあり 30コマ/ビョウ なし なし 

その他操作性などのスペック(手ぶれ補正は静止画のもの)

  RX100M5 TX1  G7 X II G9 X
手ぶれ補正ソクド 光学式 光学式 光学式4段分 光学式3段分
液晶モニター 可動式 固定 可動式 固定
タッチパネル ×
回析補正 ×
マクロレンシャ 5cm 5cm 5cm 5cm
4K動画 × ×
 価格 128,120円 86,610円 71,260円 54,850円 

*動画の手ぶれ補正はたいていは5軸手ぶれ補正です。またHD動画撮影機能は当たり前です。
*パナソニックからLX9という液晶モニターが動くモデルもあります。中身はTX1です。
*回析補正とは絞りを絞っても画像がボケボケにならない機能です。小さいイメージセンサーでは効果があまりないと言われています。
*Wi-Fi接続機能は当たり前です。


上記の表に何かありましたら、アドバイスください。
午後の様子。午後4時なのにもう暗いですね。RX100M5で撮りました。 RX501087.jpg ピクチャエフェクトの水彩画です。 RX501088.jpg
17920-2427-296826
17920-2427-296826

タグ:DSC-RX100M5

DSC-RX100M5のレポート第六弾(高感度ノイズ比較その2+ファインダーなど) [デジタルカメラ]

土曜日夜より猛烈に喉が痛いkazutokuです。

月曜日からの週は会議、出張が目白押しで休めません。なんとかしないと。

さてキヤノンのPowerShot G9 Xも同じサイズ(1型)のイメージセンサーを搭載しています。
(ただこれは1型イメージセンサー搭載の薄型モデルで、下記のカメラのレベルと同等のカメラはPowerShot G7X Mk IIです。)

下記の画像をRX100M5とTX1の2機種と比較してみました。
TX1と同様に青っぽい画像です。
G9_400.jpg

まず私としての常用感度ISO1600の比較です。
もうお分かりだと思いますが、左からRX100M5、TX1、PowerShot G9 Xです。
左から右へとだんだん画像がくすんでいきますね。
PowerShot G9 Xの画像はぼやけて細部消失がはっきりと見られます。
ISO1600.jpg

ISO1600_1.jpg

次にISO3200の比較です。全体的にぼやけてきますが、やはりPowerShot G9 Xが厳しいですね。
真ん中のTX1のものがほんの少し明るく写り、ノイズが目立つのが気になります。
Endeavorという文字がPowerShot G9 Xの画像ではぼやけています。
ISO3200_1.jpg

ISO3200.jpg

やはり最高の画質を望むのであれば、十万円以上の出費を覚悟しなければなりません。
手軽に1型イメージセンサー搭載モデルを楽しむか、最高峰モデルを望むか。
PowerShot G9 X
ヨドバシ¥54,850
(TX1との差32,000円ほど)
DMC-TX1
ヨドバシ¥86,610
(RX100M5との差41,500円ほど)
DSC-RX100M5
ヨドバシ¥128,120

G9 XとRX100M5の価格差は73,000円ほどです。
こんなに価格が違うのであれば、画質が異なるのも不思議ではありませんね。
RX100シリーズは初代からM5までを併売している特異なモデルでもあります。
最新機種でなくともカメラの基本性能が同じですから、手ごろな価格の旧モデルを入手する手もあります。

ちなみに一眼レフエントリーモデルですが、EOS8000Dのレンズキットは112,320円です。
1型イメージセンサーより大きなAPS-Cサイズのセンサーを搭載しています。
一眼レフのエントリーモデルのほうが安い時代になってしまいました。

さてRX100M5とTX1には液晶ビューファインダーが搭載されています。特にRX100M5はポップアップするファインダーです。スペックをチェックすると以下のようになります。

RX100M5 0.39型 235万ドット
IMG_3756.jpg
ポップさせて接眼部を引き出して使います。
IMG_3764.jpgIMG_3762.jpg

DMC-TX1  0.2型 116万ドット
こちらはビルトインタイプです。
IMG_3752.jpg

スペック上は約2倍ドット数が違うんです。ですからTX1のファインダーは被写体を確認できる程度のものという言われ方になります。ファインダー内部を苦労して撮ってみました。

まずはDMC-TX1のものです。ファインダーが小さいのでiPhone 7で撮影しました。
IMG_0095.jpg

次はDSC-RX100M5のファインダー内です。これはPowerShot G9 Xで撮影できました。
IMG_3741.jpg

分かりますか?RX100M5のほうが高精細です。
なかなか伝わりにくいので、購入前に実機で確認してください。

「何を取っても最高のものを」がDSC-RX100M5のコンセプトなのでしょう。
17920-2427-296825
17920-2427-296825

DSC-RX100M5のレポート第五弾(高感度ノイズ比較) [デジタルカメラ]

本日はパナソニックのDMC-TX1とソニーのDSC-RX100M5の高感度ノイズ比較をしてみます。

パナソニックのTX1も高級コンデジのジャンルに属するデジカメです。
http://panasonic.jp/dc/compact/tx1/

DMC-TX1、DSC-RX100M5共に1型イメージセンサーを搭載しています。
普通に考えると同じセンサーですから高感度ノイズも同じ程度と考えられます。

しかしDSC-RX100M5はさすが高級コンデジというジャンルを根付かせた機種です。

いつもの画像ですが、左がRX100M5で右がTX1です。
DSC-RX100M5_25sec_f1.8_ISO400_00001.jpgDMC-TX1_13sec_f2.8_ISO400_00022.jpg

RX100M5が比較的自然な色合いですが、TX1はやや青かぶりです。

ISO3200(左:RX100M5 右:TX1)
ISO3200.jpg

ISO6400(左:RX100M5 右:TX1)
ISO6400_1.jpg

ISO12800(左:RX100M5 右:TX1)
ISO12800.jpg

さすがにISO12800はどちらもきついですが、ISO6400まではDSC-RX100M5のほうが画質がよいですね。
どちらもISO1600までは常用できそうですね。
ここでISO1600の比較画像を確認してください。http://kazutoku.main.jp/RX100M5/ISO1600

HPのあるRX100M5というフォルダー内にISO3200とISO6400のオリジナル画像を保存してあります。
例えば以下のリンクをクリックしますとISO3200のオリジナル画像にアクセスできます。
http://kazutoku.main.jp/RX100M5/DSC-RX100M5_ISO3200
http://kazutoku.main.jp/RX100M5/DMC-TX1_ISO3200

素人の実験ですので、盲信なさらぬようにお願いいたします。
17920-2427-296821
17920-2427-296821

よろしくお願いいたします。<(_ _)>

晩秋の根津神社とカモ [デジタルカメラ]

先日、EOS 5D Mark IVとEF24-70mm F4L IS USMで撮影した根津神社の風景をもう少しご紹介します。

間違ってISO5000で撮りましたが、けっこう縮小すれば使える画像がありました。

ISO5000画像です。F22まで絞られましたが、黄葉の色がいいです。
5D4_0907.jpg

根津権現の名の通り、権現様があります。これもISO5000。
5D4_0914.jpg

ここからはISO100です。楼門を裏側から。
5D4_0925.jpg

手水舎も必ず写しますね。
5D4_0930.jpg

ヒドリガモのつがいです。ISO3200
5D4_1058.jpg

キンクロハジロです。ISO2000
5D4_1074.jpg

よく写りますね。

DSC-RX100M5のレポート第四弾(カスタマイズについて) [デジタルカメラ]

RX100M5は一眼カメラのようにボタン一つで望みの機能にアクセスできることはあまりないのですが、Fnボタンのカスタマイズコントロールホイールの上下左右のカスタマイズでかなり快適に操作できるようになります。Fnボタンを押すと12の機能にはアクセスできますので、かなり便利です。カスタマイズはしなくとも困ったらFnボタンと覚えておくとよいでしょう。

IMG_3718.jpg

まずカメラ背面のメニューボタンを押して以下の画面を出します。
Fnを押すと出てくるメニューをカスタマイズします。
IMG_3699.jpgIMG_3700.jpg
ここでは下段6番目にピクチャーエフェクトを割り当てました。(ISO AUTOの下です。)
これでFnを押してピクチャーエフェクトを選ぶというツーアクションで切り替えが可能です。
IMG_3722.jpg
私はピクチャーエフェクト(他機種のエフェクトフィルター系)をけっこう使うので、ここに
この機能を割り当てました。

コントロールホイールの上下左右に割り振られている機能をカスタマイズします。
IMG_3701.jpgIMG_3703.jpg
IMG_3704.jpg

ここではコントロールホイールの左側にストロボではなくて私がよく使うフォーカスエリアを割り当てています。私はあまりストロボを使いませんのでこの方が便利なのです。
IMG_3721.jpg

こうして私流のRX100M5ができあがっていくのです。楽しいです。

RX100M5はこの他にもいろいろカスタマイズができます。液晶ビューファインダーを使って収納する際にカメラの電源も切れるという設定とファインダーをしまっても電源が切れないという設定もできます。(これはIVから導入されています。)
IMG_3731.jpg

下のメニュー画面(左)はモードダイヤルを切り替えると右のような切り替え画面を出すのか出さないのかを設定できます。
毎回出てきてうっとうしくなったら(カメラに慣れてきたら)「切」に設定するとよいでしょう。
IMG_3725.jpgIMG_3727.jpg
17920-2427-296815
17920-2427-296815

タグ:DSC-RX100M5

今日はコサギでお願いします。 [デジタルカメラ]

芝川にいつものコサギがいました。チュウサギに続いてコサギです。

5D4_1183.jpg

5D4_1187.jpg

5D4_1121.jpg

5D4_1204.jpg

オリンパスのドットサイトは常に携帯しておくべきでした。
http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-03-04

ファインダーだけで飛翔するコサギを追うのは難しいです。
ドットサイトを使った撮影ではこんな絵が撮れます。
http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-03-14

スズメもたくさんいました。
5D4_1113.jpg

小さな花もこんなに大きく写せます。望遠レンズ(+イクステンダー1.4×)はすごいです。
5D4_1090.jpg
前の10件 | -