So-net無料ブログ作成
検索選択

前の10件 | -

FUJIFILM X-Pro2レビューのまとめ(2) [デジタルカメラ]

ゴールデンウィークが明ければ、機材を返す時期になりますので、そろそろ最終的なまとめを行います。
それではまとめの(1)の部分も含めて総括します。

大きさ・筐体:
X-T1より少し横幅が長いが、X-T1より高さはない。しかし、大きな光学ファインダーのおかげで大きく見える。
私はそれほど手が大きくはないが、持ってみるとしっくりくる。大きすぎない。筐体はしっかりとしている。
X-T10との比較では、X-T10より厚みがあり、一回り大きい。
DSC01038.jpg

ファインダー:
光学ファインダーと液晶ビューファインダーがレバー一つで切り替えられる。液晶ビューファインダーの方がフレーミングが正しく出来る。が、光学ファインダーを覗きたいこともあるという少しワガママな欲求を満たすファインダー。ERF(エレクトリックレンジファインダー)が追加された。ERFとは光学ファインダーの右下に合焦が確認できるEVF像を表示するファインダーである。(下の写真参照)
IMG_2152.jpg

シャッターフィーリング:
適度に軽い。X-T1やX-T10より(私は)よいと思う。

ボタン操作性:
たいていのボタンは盛り上がっているので、押しやすい。ただ、QボタンとAF-Lだけは出っ張っておらず、押しにくい。(写真右)特に便利なのはDRIVEボタンとメニューボタンの周りのセレクターファンクションボタン。(写真左)
DSC01020.jpgDSC01022.jpg
DRIVEボタンを押せば、アドバンストフィルターさえ使用できる。
よく使うボタンが液晶モニターの右に集まっているので、操作性がよい。(下の画像参照)
そしてフォーカスレバー:
これは使いやすい。瞬時に斜めの動きを入力できる。(下の画像参照)
ただし、カメラを首からかけて歩いていると、腹部に当たって、フォーカスレバーが動くこともある。(お腹が出ているからか。。。)撮影時にフォーカスポイントの位置を確認する必要がある。
DSC01042_1.jpg

X-T10の背面写真(下の画像)と比較してほしい。X-T系は左側に画像再生ボタンと削除ボタンがある。さらにその上にはダイヤルもある。左手も使わなければならない。
DSC01051_2.jpg

露出補正:
大きな単独ダイヤルで変更可能(プラスマイナス3段分)。非常にやりやすい。(下の画像参照)
より広く露出補正をしたい場合は単独ダイヤルをCに合わせて前面のフロントダイヤルで操作する。
プラスマイナス5段階分の補正ができる。(さらにその下の画像参照)
DSC01050_2.jpg
DSC01048_2.jpg

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-04(この記事はボタン関連について詳しく述べている。)

フィルムシミュレーションACROS(アクロス):
ハイライト部分から粒状感を排除したり、本物のモノクロ写真に近い画質を目指すフィルムシミュレーション。
味があるフィルムシミュレーションでとことん使いたくなる。以下の画像がACROSである。
XPRO4521.jpg

画質:
色が自然で素晴らしい。高感度でもISO3200までならいけると思う。正直、ISO12800でも縮小すればいけそうな感覚はある。やはり富士フイルムのカメラは高感度に強い。

高感度ノイズの記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-03

AF:静止画のAFは速さと精度、両面において満足できる。しかし動体AF(コンティニュアスAF)は7D MkIIなどの一眼レフと比較すると劣る。早く追いついてもらいたい。

AF-Cについての記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-05-02

メカニカルシャッタースピード1/8000:
やはり明るいレンズのボケを楽しむには高速シャッタースピードが必要。
作例:ここでは絞りがF2.8で、シャッタースピードが1/6400
XPRO4562.jpg

グレイン・エフェクト:
画像全般に粒状感を与え、フィルム写真のテイストに近づける。ACROSと併せてフィルムに対する富士フイルムの強いこだわりを感じる。ACROSはモノクロフィルムをシミュレートし、粒状感も画像に加えるので、グレイン・エフェクトとの併用は避けた方がよい。グレイン・エフェクトは、OFF、弱、強と効果の程度を変えられる。

グレイン・エフェクトの記事:http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11

バッテリーの持ち:
300枚以上撮る場合にはスペアバッテリーが必要。バッテリーの減りは速い。

ほぼ液晶モニターの右側に主なボタンとダイヤルが配置されており、手にした瞬間に使い易いと感じた。
ファインダーから目を離すことなく、操作できるからだ。これはよく考えられている。
ダイヤルによる操作にこだわりすぎない点が素晴らしい。
Xシリーズのフラッグシップとして君臨するにふさわしい機種である。
もし他社のデジカメの画質やユーザビリティに疑問を感じているのであれば、是非手にとってもらいたい。
17901-2427-296503
17901-2427-296503

ご評価よろしくお願いいたします。m(_ _)m


5月3日19:55更新
タグ:FUJIFILM X-Pro2

X-Pro2のAF-C(コンティニュアスAF)を使う。 [デジタルカメラ]

休日に荒川土手に行きますと多くの方がサイクリングを楽しんでいます。

最近ではロードレーサータイプの自転車が大流行です。

休日を楽しむサイクリストの皆さんを撮影してみました。

顔が分かってしまう写真は載せられませんので小さい写真で雰囲気を感じてください。

AFを動体にフォーカスし続けるAF-Cにセットして、さらにAFモードをゾーンにします。
そして連写Hにセットします。

設定したエリア内で動体を追い続けます。そのエリアの画素は位相差画素です。
使用レンズはXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRです。

ピントばっちりの例

XPRO4425.jpg

ピントばっちり部分拡大

XPRO4425_2.jpg


ピンぼけの例

XPRO4449.jpg

ピンぼけ部分拡大

XPRO4449_2.jpg


今回の撮影では被写体への合焦率は85%~90%でした。40枚撮影すると4~6枚ぐらい合焦出来ませんでした。
ピンぼけ例のように背景に人や物があるとAFが背景の方に抜けてしまいます。
(次回はAFモードをシングルポイントにして試してみます。)
Xシリーズの静止画のAFは速度・精度共に満足のいくレベルです。
しかし動体AFとなると一眼レフにはまだ及びません。
よくSONYやOLYMPUSのミラーレスと比較されても動体AFが劣るとされていますが、
大分追いついてきていると思います。がんばれ、Xシリーズ!

X-Pro2は秒8コマでJPEGですと83枚ぐらい連写できます。
ちなみにX-T10でも撮ってみましたが、秒8コマは同じ仕様ですが、連続撮影も8コマまでです。
その後は秒3コマで撮影可能(JPEG)です。
17901-2427-296502
17901-2427-296502

ご評価よろしくお願いいたします。

早速、X-T10を手に入れました。 [デジタルカメラ]

昨日、一昨日といろいろと調べました。

形がX-T1に似ていますが、連写は8枚でバッファーが一杯になります。

ファインダー自体がX-Pro2に比べて小さいです。ファインダー内が狭く感じます。(X-T10 0.39型 vs X-Pro2 0.59型)

DpreviewでもコンティニュアスAFが今ひとつという評価です。防塵防滴ではありません。
http://www.dpreview.com/reviews/fujifilm-x-t10/12

しかし、しかし、

高感度撮影に強く、AFシステムは発表当時(2015年6月)は最新でした。
後のアップデートでX-T1は追いつきました。

この大きさと軽さならば、海外へ気軽に持って行けます。

アドバンストSRオートが搭載されています。

ストロボも搭載されています。富士フイルムのストロボはとても優秀です。
マクロ撮影でも柔らかい光を被写体に当てることができます。

優秀なXFレンズが使えます。X-Pro2のサブ機として十分活躍できるでしょう。

X-T10 + XF35mmF2 R WR(35mmフィルム換算 53mm)で撮影
DSCF1003.jpg

X-Pro2 + XF23mmF1.4 R(35mmフィルム換算 35mm)で撮影
XPRO4206.jpg

X-T10 + XF35mmF2 R WR (アドバンストSRオート)
DSCF1019.jpg

大きさ比較
DSC01028.jpg
DSC01038.jpg

桜の季節から緑と花の季節へ [デジタルカメラ]

根津神社の桜から始まって、
DSCF3684.jpg

都市農業公園の夜桜ライトアップ。
P1010376.jpg

椿山荘の桜。
P1010422.jpg

上野の山の桜祭り。
XPRO3113.jpg

そしてガーベラなど春の花が咲き始めています。
XPRO4176.jpg

X-T1をX-Pro2に買い換えたいですが、FUJIFILM液晶モニターが動く一眼レフタイプも残しておきたいので、X-T1の弟分であるX-T10に関心が出てきました。ビックカメラの商品券をもらいましたので、うまく活用したいです。

久しぶりにアクアについて [デジタルカメラ]

アクアにはECO(エコ)モードが付いています。

ここ二年は燃費が落ちる冬にはずっとECO(エコ)モードに入れていました。

そうすることで分かったことがあります。

ECOモードではガソリンの使用量が絞られます。できるだけモーターを使って走行しようとします。

モーターのバッテリーが底をつき、充電のためにエンジンがかかります。

しかし、冬は気温が低く、ECOモードにしてもあまり燃費が伸びません。

そこで春や夏もECOモードを積極的にON/OFFするように最近はしています。

ここでもう少し燃費を伸ばしたいというときにこのモードを使うと効果があります。
(すっかり燃費フェチですね。すみません。)

IMG_1372.jpg

IMG_1369.jpg

最近、購入後3回目のボディコーティングメンテナンスを行いました。ツルツルになりました。

コーティング技術は進化していますね。3回目からはメンテナンスが有料(9,000円程度)になりました。

今日は三郷の実家に行ってきます。あまり天候が荒れないことを祈っています。
タグ:iphone 6

X-Pro2の解像感 [デジタルカメラ]

X-Pro2の画素数は2400万画素です。

私はこの画素数に満足しています。

被写体を細部まで描写できます。

今、1600万画素の画像をみるとやや力不足に感じます。

ハナミズキ
XPRO4119.jpg

カエデ
XPRO4138.jpg

緑一色
XPRO4167.jpg

等倍で見るとしっかり葉が描写できています。(100%トリミング画像)
XPRO4167_tr.jpg

本日はまたモノクロで。 [デジタルカメラ]

フィルムシミュレーションのACROSです。

くどいようですがFUJIFILM X-Pro2にのみ搭載されています。

処理が複雑なので、既存機種のファームウェアアップデートでは対応できないそうです。

パトカー
XPRO3460.jpg
バス
XPRO3443.jpg

XPRO3513.jpg

タグ:FUJIFILM X-Pro2

モノクロもよし、カラーもよし [デジタルカメラ]

本当によく撮れますね。

試用して一ヶ月も経たないうちにとても気に入ってしまいました。

ゴールデンウィークもX-Pro2と共に過ごせるので、楽しみです。

土曜日夕刻の川口駅前
XPRO3421.jpg

苔を撮りました。
XPRO4129.jpg

F2.8で撮影しました。
XPRO4164.jpg
タグ:FUJIFILM X-Pro2

みんぽすさんに投稿している以外のX-Pro2関連記事 [デジタルカメラ]

X-Pro2に手持ちのレンズをつけて撮った写真を掲載しています。

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-02
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 根津神社

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-07
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 桜

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-13
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 上野周辺・不忍池

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-21

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-22

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-23
上記三つの記事の使用レンズはXF23mmF1.4 R つつじ祭り

http://kazutoku.blog.so-net.ne.jp/2016-04-17(レビューのまとめその1)

ハナミズキです。
XPRO4088.jpg

やっと撮れた八重桜
XPRO4109.jpg

カエデの花(赤いプロペラのような花)
XPRO4146.jpg
タグ:FUJIFILM X-Pro2

ACROSで撮る川口駅前 [デジタルカメラ]

X-Pro2のHPには、ACROSについて以下のような表現があります。

『より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴。』

具体的に写真を見ていきましょう。

XPRO3435.jpg

XPRO3442.jpg

XPRO3447.jpg

XPRO3451.jpg

XPRO3464.jpg

画像から階調の豊かさ、車のボディの質感の表現、シャドウ部分の絶妙な表現、さらに絶妙な粒状感が感じられますね。

新しいレンズのXF35mmF2 R WRの写りも素晴らしいですね。
(X-Pro2につけると35mmフィルム換算で約50mmのレンズになります。)

より大きな画像を確認したい方へ。ACROSのアルバムです。https://flic.kr/s/aHskuGR49a

ちょっと長いですが、読んでみてください。ACROSのお話し

17901-2427-296495
17901-2427-296495

ご評価よろしくお願いいたします。(^_-)

前の10件 | -